と言いかけるとまた恥ずかしさが甦ってきて言葉に詰まったが、その間が呼び水になって、ほづみ、特に亜郎があの時の光景を思い出しそうな気がして、急いで夕美は言葉を継いだ。
「そ、それに。かえって迪士尼美語 評價亜郎君も堂々としてたほうが早よ要らん疑いが晴れるんとちゃうのん?」

 それもそうかな、とほづみは思った。亜郎もとりあえずはほづみを含む須藤家と運命共同体となることを覚悟したようだ。───もっとも、それがどういう結果になるかはほづみにも判らない。

「…まあ昼間は、麻樹は自分が亜郎君をかくまうや迪士尼美語 評價の、鈴は鈴で面白がって火に油を注ぐわでヤイヤイうるさかったから、けっきょくは勢いであたしが連れて来てもたけどさあ………あ?」

 それは最初、気配の変化という形で感じられた。

 身体のどこか奥の方から立ちのぼってくる不安感。それでキュッと心臓が締め付けられるような、気持ち悪くて嫌な気分だ。
 予感、と言うべきかも知迪士尼美語 評價れないが、時間の長さにすれば瞬間と呼んでもいいような間を置いて、足元が突然、ゆらり、と動いた。